7つのタイプのトライバルタトゥー

トライバルタトゥー

トライバルタトゥーは、男女、特に部族の戦士の通過儀礼(名誉の印)の美学、精神的信仰とシンボルのために伝統的に使用される。トライバルタトゥーの目的は、部族によって異なるだろうが、古代の一部の部族は、森で狩猟をするときにカモフラージュとしてもタトゥーを使用した。一方で、現代のトライバルタトゥーのデザインは、アステカ、ポリネシア、イバン、サモアとマオリの影響を受けている。

前植民地時代からアジア太平洋、北欧、アフリカと南北アメリカには、現代のタトゥーデザインが普通、そのスタイルを倣っている複数の部族が今も存在する。一部のトライバルタトゥーアーティストは、ポリネシア、フィリピン、ブルネイ、サモアとハワイの島々か手でたたいて入れ墨する方法を実践してい古い世代のタトゥーアーティストの直系である。しかし、そのデザインは、自然描写と色によって変わるかもしれない。アステカ民族のような部族は、灰色と黒の組合せを使用し、ミクロネシア人は、大胆な青の陰影で知られ、一方、その他は大胆かつ真っ黒の顔料を使用する傾向がある。

動物や神々、その他の自然の要素といったある特定のイメージを描写するために大胆な黒のループ、渦巻やフックで特徴付けられるトライバルタトゥーは、部族の文化と伝統に重要な象徴的意味を持たせる。当然、トライバルタトゥーはその文化的な描写のために、軽く見るべきではなく、従って自分の体へのトライバルタトゥーのデザインを選ぶ前に、少なくともそれを身に着けていることに不安を感じず、誇りを感じるべきである。デザインのインスピレーシヨンとして、ここに6つのタイプのトライバルタトゥーを紹介する。


サモアの動物の抽象スタイル

Samoanのタトゥー

alt: サモアのタトゥー

おそらく最も人気のある種類のトライバルタトゥーであるサモアのデザインは、多種多様である。サモアの男女は、それぞれ専用のデザインの組み合わせがあり、ペア(男性用)は大きく、比較的繊細ではないマル(女性用)よりも複雑である。ペアのタトゥーは、普通、体の下肢にどこかに入れ墨され、陸や海の野生動物に対する保護として使用される。その他の人気のあるサモアスタイルは、マルケサスの十字や海の渦、太陽光線である。


マオリ; 顔面タトゥー

Maori表面タトゥー

マオリタトゥーは、顔面タトゥーとほぼ同義で、マオリの人々が信じているように、頭部は、人体の神聖な部分である。頭部の入れ墨は、その人の社会的ステータスや名声、地位、少数の恵まれたものに与えられる通過儀礼を象徴するボディーアートの形態である。

マオリタトゥーは、タトゥーの中で他に類を見ない複雑で、高度な技術で言い表される。これは主にタトゥーアーティスト自身が専門家であり、肌に形や図を彫るためのノミとナイフを使用するのである。言うまでもなく、ネイティブによるマオリタトゥーは非常に苦痛を伴う場合がある。テオラ、ピコルア、テ・ティマタンガ、ンガ・ハウ・エ・ワ、コル、ヘイ・マタウ、ヘイ・ティキ、ツイスト、マナイアなどデザインの選択肢がいくつもある。。


ケルト族の十字と結び目

ケルトのタトゥー。

古代イギリスの部族、ピクト人とは文字通り描かれた人々を意味する。この部族は、キリスト教がこの国の宗教とヨーロッパのほとんどすべてに広まる以前に普及していた。宗教は、社会の特権階級から平民までタトゥーをタブーと考えることに影響を及ぼした。それはまた、タトゥーが過去2世紀の間、主に囚人と兵士によって身に着けられていたこともマイナス要因だった。

ケルト族のデザインは一般に選ばれ、十字と結び目で特徴付けられる。他のデザインには、古代ケルト族文化を表す鳥と木が含まれている。より深い宗教的影響はまた、一対の天使の翼といったケルト族のタトゥーでも見ることができる。


イバンの花に触発されたモチーフ

Ibanのタトゥー

alt: イバンのタトゥー

イバンのタトゥーのデザインは、植物や動物、人間からの精神的なエネルギーで常に満たされる。これらのスタイルの中で、花のモチーフは、ダヤク・イバン族の間でより一般的なように思われる。それは通常大きいサイズで、真っ黒で描かれる。実際、イバンの大きいタトゥーを入れるには、8時間かかることもある。タトゥーの位置は、肩の後ろや胸、足である。


マヤとアステカの神

マヤのタトゥー

比較的抽象的ではないメソアメリカの神々の顔は、その他の先住民文化の部族の神々よりも明瞭で大胆に入れ墨される。マヤ文明は、ピラミッドの壁や人間の肌に彫られた悪魔や野生動物、幽霊の絵で特に知られている。マヤカレンダーも人気のデザインで、2012年の世界の終焉のマヤ予言の際に人気が出た。一方で、アステカのタトゥーデザイン社会的ステータスや戦争での成果に応じて精神的に満たされた。例えば、部族の戦士は、テスカトリポカのイメージを着けて防御する。ケツァルコアトルやウィツィロポチトリのような他のアステカの神も、部族の男性が一般的に身に着けていた。


ホルスの目

Horusのタトゥーの目

エジプトの宗教的信仰に触発されたホルスの目は、それを身につけている者を悪霊から守る意味がある。その他の宗教的シンボルは、考古学者によって発掘されたミイラのエジプトの男性に見られる戦争の女神ニースであろう。古代エジプトでは、タトゥーは社会的地位のような重要な意味がある。気高い血統の者や戦士は、大きなタトゥー入れて、体における位置もまたしばしばより深い意味がある。


現代トライバルタトゥー

現代トライバルタトゥー

一般にレスリング選手やアスリート、ジム通いの人が入れている現代トライバルタトゥーは、体の筋肉を強調する明瞭で大きく、太いラインで描かれて男性的である。現代トライバルタトゥーを入れている人の大半が男性である。ドラゴン、ムカデ、トラ、蝶、クモ、ヤギの頭部とフェニックスの図柄が、人気のある現代トライバルタトゥーのデザインのリストを占めている。また、幾何学的なパターン、渦巻とカーブ、垂直のマスク、上腕二頭筋や盾のような抽象的なデザインを選択することもできる。


トライバルタトゥーをどこに入れるか

トライバルタトゥーは、好きなところにどこでも入れることができる。天使の翼や動物の大きい図柄のような広めのタトゥーは、体の背部に入れるのがベストである。男性は、背中の上部に入れるのを好むかもしれないが、一方で女性は簡単に隠しやすい背中の下部に入れるのがより便利だろう。より小さいトライバルタトゥーは、指、手首、あるいは手の側面が見栄えが良いだろう。足と脚もまた部族の戦士のエネルギーを取り込みたい人に最適な選択肢である。胸は、当然間違いなく戦士の鎧のように大きなトライバルタトゥーを入れることに関心がある人々にとっては考えるまでもない。全体的として、トライバルタトゥーは、特定の部族に関連する特定の意味を持つ。それは一部の先住民文化にとって精神的なエネルギーと身体的強さを意味するので、常に敬意を持ってそれを身に着けるべきであることを忘れてはならない。従って、自分自身の信仰と習慣を反映するトライバルタトゥーのデザインを選ぶことは、自分や他の人々にとっても意味を持つことになるので重要である。

トライバル タトゥー

7つのタイプのトライバルタトゥー

7つのタイプのトライバルタトゥー

タトゥーのアフターケア

タトゥーのアフターケア

人気のカップルタトゥーデザインのアイデア

人気のカップルタトゥーデザインのアイデア

動物タトゥー: デザインと意味

動物タトゥー: デザインと意味

タトゥーマシン: スタートガイド

タトゥーマシン: スタートガイド

白インクタトゥー:誇張と長所・短所

白インクタトゥー:誇張と長所・短所

男女のためのスリーブタトゥー

男女のためのスリーブタトゥー

伝統スタイルタトゥー: 歴史と探求

伝統スタイルタトゥー: 歴史と探求

ドラゴンタトゥー、意味と画像

ドラゴンタトゥー、意味と画像