手彫りタトゥーのスタイルとデザイン

手彫りタトゥー

人々が自動タトゥーガンで体に入れ墨するかなり前から、まず手彫りのタトゥーがあった。それは、ガン、針、天然染料のように棒(竹、動物の骨など)で皮膚に刻むふるい方法である。彫師が皮膚に何度も棒を叩いてインクを沈着させるが、多くが機械を使ってのタトゥー入れよりも更に苦痛を感じる。

歴史

世界中の古代文明は、手彫りタトゥー芸術を実際行なっていたが、サモア、ボルネオ、フィリピン、そして他の太平洋の島々の一部の先住民文化においてこの芸術が存在し続けている。サモア人は、このボディアートを 「コツコツ叩く」を意味する「タタウ」と呼ぶが、西洋からの探検家たちは、この単語を発音するのに苦労した。それ故に「タトゥー」と呼ぶことにした。先住民らは、体にシンボルを「描く」ためにこの伝統的手法を使った。これらのデザインとシンボルは、個性や経験、部族における個人の役目・ステータスを表すはずだ。タトゥーは通常、胸、肩から二頭筋、脚、顔に入れられる。


例えば、フィリピンの過臨画の部族戦士は、首尾よく敵を殺した後、村の 「マンババトク」 によって、入れ墨されていた。タトゥーは、サガダやボントク族との戦争に勝利した後に得られるべき名誉の印のようなものである。その深い歴史野中の、その自然環境で生粋の手彫りタトゥーアーティストにおって入れ墨されることは、多くの人々にとって希少な宝石のようなものである。
しかし、手彫りタトゥーは、多くの西洋の先住民文化においては消えつつある伝統である。

直系の部族のタトゥーアーティストは、近代化と西洋の影響によってもたらされる他の職業への道を追求することを選ぶ。しかし幸いにも、ここ二十年でタトゥー全般の再燃があり、多くの身体改造のファンによるこの古い伝統への興味が増大しつつある。多くのタトゥーアーティストは、手彫りについてもっと知るために海を越え、地元で身近なものにしようとしている

手彫りタトゥーデザインのインスピレーション

自分の体に民族の歴史の一部を表現したいなら、これらの人気のデザインの中から選んで始められる。

1. サモア

サモアの手彫りタトゥー

サモアのタトゥーデザインは、カメ、貝、魚などのような海の産物に触発される。 これらの図柄は、長寿や裕福、平和を象徴する。太陽や海(波、らせん形など)のような自然の要素のいくつかも、勇気や女性らしさをイメージと同じように人気がある。稀に、またすべての自然の要素のバランスを表現する地元の方法である "マルケサス十字" をサモアのタトゥーデザインで見かけるかもしれない。


2. イバン

イバンの手彫りタトゥー

ボルネオ発祥のダヤクの人々のイバンのタトゥーは、スピリチュアルに満ちた人間や動物、植物の図柄の大きなサイズの描写で特徴付けられる。花のモチーフは共通で、動物や植物のイメージを伴う。

イバンのタトゥーアーティストは、タトゥーデザインを考え出すために、まず霊的ガイドと交信する。タトゥーは、儀式あるいは首狩りの目的でダヤク人に行われる。過酷な施術は、タトゥーのサイズによっては最大8時間続くことがある。


3.カリンガのトライバルタトゥー

カリンガの手彫りタトゥー

フィリピンの別名 "バテク" のカリンガのタトゥーデザインは、部族の戦士の勇気に触発される。首狩りがまだ行なわれていたころ、敵の首級を狩ることができた戦士は、帰還するとbikking(胸のタトゥー)を獲得した。そのデザインは、より抽象的ではあるが、鎧に非常に類似している。カブニアン神へのメッセンジャーである神託のワシのイメージを示すV字の印がある。


4. ラテンの灰色と黒

手彫りタトゥー

アステカとメキシコ人の影響から主に得られて、これらのデザインは太平洋の島民の青と比べて黒いおよび灰色の陰影によって容易にそして黒い識別される。アステカの入れ墨は道の儀式、社会状態およびまたローカル神を記念して行われた戦争の達成を表す。例えば、入れ墨のデザインの太陽は太陽神ウィツィロポチトリ、最も強力なケツァルコアトルの蛇、およびテスカトリポカを表す戦士のイメージを表す。その他人気のシンボルは、強さ、アステカカレンダー、自然のある要素を象徴するワシが含まれる。


5. ミクロネシア

おそらく、ミクロネシアの部族は、最も興味深い手彫りタトゥーの風習と伝統を持つ。女性は、腹部を引き締めるため、そして美化の目的のために出産をする度に入れ墨し直すことができる外陰部と臀部タトゥーと呼ばれるものを入れることができる。

ミクロネシアの手彫りタトゥー

ほとんどの場合、島民はタトゥーデザインにおいて周囲の環境にあるものを真似るが、どこにタトゥーを入れるかによってその描写するものが異なってくる。例えば、顔のタトゥーは社会におけるその人の地位を示す。イルカのタトゥーも、漁で海に出る際に鮫に対するお守りとして男性の間で一般的である。
概要

手彫りタトゥーに対する人々の興味の増加で、おそらくこの古い形態のボディーアートを復活させるには十分だろう。古代に始まった手彫りに比べて、現代のタトゥーはおよそ250年の歴史しかなく、手彫りはそれだけで魅力的な題材である。興味深いことに、手彫りシーンは、ボルネオやハワイ、ポリネシアの一部でも未だにしっかり残っている。しかし、20世紀の首狩り族か新たな千年までを網羅した経験を持つ女性のタトゥーアーティストに会いたいならば、フィリピンのカリンガを訪れ、93歳のワン−オド老を探すことである。
総じて、上記のトライバルタトゥーデザインは、先住民族への大きな社会的、文化的関連性を持っている。一部の部族では、タトゥーは霊的なものであるために、それを入れるということは、自然に敬意を払うという大きな責任を伴う。

人気のカップルタトゥーデザインのアイデア

人気のカップルタトゥーデザインのアイデア

日本のタトゥー: 入れ墨の歴史、意味とギャラリー。

日本のタトゥー: 入れ墨の歴史、意味とギャラリー。

伝統スタイルタトゥー: 歴史と探求

伝統スタイルタトゥー: 歴史と探求

オオカミタトゥー、象徴性と意味

オオカミタトゥー、象徴性と意味

手彫りタトゥーのスタイルとデザイン

手彫りタトゥーのスタイルとデザイン

顔と首のタトゥーデザイン

顔と首のタトゥーデザイン

化粧テクニックでタトゥーを隠す方法

化粧テクニックでタトゥーを隠す方法

7つのタイプのトライバルタトゥー

7つのタイプのトライバルタトゥー

初めてのタトゥー: あなたが知る必要がある14の事

初めてのタトゥー: あなたが知る必要がある14の事