マヤ・アステカタトゥー

最近、タトゥー愛好家の中で、マオリ、スラブ、ケルト、そしてもちろんインディアンといった古代人のイメージを含め、エスニックあるいはトライバルと言われるスタイルのタトゥーデザインへの注目が更に高まっている。後者に関して言えば、アステカ民族とマヤ民族がまず思い浮かぶ。これらのタイプのタトゥーは、もちろん真のアーティストの手腕が必要であるが、視覚的機知のためではなく、我々が気に留めておかなければならない深い意味論のためにむしろ複雑である。

アステカタトゥー

アステカタトゥー

タトゥーは、一種の社会的記号と通信手段として様々な古代文明の間で広まっていた。およそ600年前に生きていたアステカ民族は、肌を装飾する技術において最も高度な域に達し、芸術的、シンボル的イメージという巨大な遺産を我々に残したとして最もよく知られる民族であろう。実際、彼らは、多様で複雑なデザインを作り、タトゥーを芸術のレベルに押し上げた。そのうちのいくつかは、アステカ民族にとっては神聖なものだった。全般的に芸術がこの文明の生活において重要な役割を果たしたことに留意すべきである。例えば、子供は早い時期から陶芸を学んだ。

アズテック人タトゥーのほとんどは、彼らの日常生活の中で大部分を占めたたくさんの地元の神々の崇拝に関わる宗教的、精神的、儀式的重要性を持っていた。アズテック人にとって最も重要な神は、戦い、太陽の神で、生命を与える天の守護神の ウィツィロポチトリ – だった。ウィツィロポチトリは、通常ハチドリ、またはハチドリの羽毛でできた鎧兜を着けた戦士として描写される。彼の手足と顔の下半分は青で、顔の上半分は黒で塗られる。羽根飾りを頭に着け、円盾とターコイズの蛇を振りかざした姿で描かれる。

太陽と象徴的に関連付けられるウィツィロポチトリはまた、我々の場合、星が日々「死んで」そして「蘇る」のと同様に、復活と来世のシンボルとして見られた。アズテック人は、ウィツィロポチトリを育んで、世界を動かし続けるために、神に人間の血を毎日与える必要があった。従って、アズテックの司祭は、首都テノチティトランの大神殿で毎日人間を生け贄にした。

太陽神の名の下に、人間の生け贄の際に使われたアステカ儀式のナイフ はまた、創造神、恵みの神、戦士の守護者、紛争による変化として知られるアステカ神話の主要な神である テスカポリトカ とともに人気のタトゥーのモチーフである。ほとんどの絵柄において、舌を出した状態で描かれ、マオリ族の芸術においても同様のモチーフを見つけることができた。

ケツァルコアトルタトゥー

羽毛ある蛇の神 ケツァルコアトル は、アステカとマヤの両方の人々に崇拝された。それは、植物の神、風雨の神、そして世界の創造主として司祭と商人の守護神、学問・科学・農業・工芸・芸術の神の機能を兼ね備えている。

その他の人気のアステカタトゥーのモチーフは、ワシ、戦士とアステカカレンダーの輪が含まれた。太陽のイメージとは別に、インディアンは、現在でも人気のある月と星のデザインを採用していた。

興味深いことに、アステカの成人だけでなく、子どももタトゥーを入れていた。現代人は、他の多くのアステカ芸術品のようにむしろ鮮やかで顕著に様式化され、その視覚的な魅力のためにアステカタトゥーを選ぶ。この文化は、建築、彫刻、織物の複雑さで証明されるように高度に発展していた。この複雑さは、通常多数の細部がほどこされた機知に富ぶ白黒の絵柄で作られ、むしろ時間を要するタトゥーに当てはまる。

アステカタトゥーの場所

他の多くの民族と同様、アステカ民族は、人体には特定のエネルギーの核があると信じた。それには胃、胸、手が含まれた。それはこれらの部分をエネルギーが流れ、そこにタトゥーを入れることで神との交信を高めることができると考えられた。

マヤタトゥー

マヤタトゥー

高度な芸術と文化を持つ壮大なマヤ文明のほんの一部のみが、今日まで残されている。遺産の大部分は、歴史の渦の中で失われた。それが、マヤタトゥーを特別で適用するのを難しいものにさせる。

マヤは、あらかじめ着色された皮膚の表面を切ることでタトゥーを入れる。デザインを強化するために、傷口に粘土を基にした特別な混合物を塗り込んだ。このタイプのボディ装飾は、我々が既に説明したアステカタトゥーとよく混同される。二つの主な違いは、マヤ民族は軍事的シンボルの構図を好み、一方アステカ民族は宗教的なものに傾倒した。


マヤタトゥーの主題と様式

今日、様々な高い評判と質のタトゥーサロンのほとんどは、ピラミッドまたはワシとマヤスタイルのイメージを提供する。しかし、そのようなステレオタイプのものにだけ縛られるのではなく、– 自らの想像力にスイッチを入れるべきだ! マヤ文明についてのドキュメンタリー映画のおかげで、神秘的な物語に包まれたコロンブス以前の考古学的人工物の一種である水晶頭骨–のように、新しいイメージが人気を得ている。

マヤ頭骨タトゥー

民族の誰もが、 アカトと呼ばれた神の地位を占めた中心の間で異なる神を崇拝した。それは、タトゥーアーティストの守護神であり、インクとこの芸術で使用される他の材料を賛美する。マヤの男性は、偉大な戦士として有名で、従って偉大な勝利や気高い行為の印でボディをカバーした。それらのタトゥーのいくつかは、所有者の勇気と勇敢さを証明する本物の傷跡に似通っていた。そのプロセス全体が非常に苦痛を伴うものだったため、タトゥーを入れるほど、社会から多くの尊敬を集めた。

男性のタトゥーはまた、法律を犯したインディアンの印であったかもしれない。それはまた、独身の若い男性にはタトゥーがなかったので、その人物の家庭の地位も示したかもしれない。結婚した男性がタトゥーを入れることを拒否したら、嘲笑された。

トーテム動物 はまた、ライフサイクルを思い起こさせる太陽のイメージと同様、マヤタトゥーにとって重要なテーマだった。太陽のタトゥーは、円か長円の形状で、あるいは別の装飾と合わせてこの図を使用して、主に描写された。

マヤタトゥーのいくつかは、豊富なグラフィックと簡潔な文字が顕著な、象形文字の文章が含まれることで特徴付けられる。豊富な装飾により、経験豊富なタトゥーアーティストにだけができる難しい仕事であるため、信頼するマスターを見つける必要がある!

スカルタトゥー: スタイルとギャラリー

スカルタトゥー: スタイルとギャラリー

コイタトゥーと象徴性

コイタトゥーと象徴性

動物タトゥー: デザインと意味

動物タトゥー: デザインと意味

カバータトゥー: 特徴とデザインアイデア

カバータトゥー: 特徴とデザインアイデア

7つのタイプのトライバルタトゥー

7つのタイプのトライバルタトゥー

マオリのタトゥー

マオリのタトゥー

天使タトゥーの象徴性、種類、ヒント。

天使タトゥーの象徴性、種類、ヒント。

タトゥーインク: アレルギー反応はあるか?

タトゥーインク: アレルギー反応はあるか?

男女のためのスリーブタトゥー

男女のためのスリーブタトゥー