マオリのタトゥー

マオリは、ニュージーランドが起源のポリネシア先住民である。この文化では、タトゥーは常に神聖なアートであり、今日でも非常に崇敬され続けている。マオリは、頭部を体で最も神聖な部分として考えているため、マオリのタトゥーで最もよく使われている種類は顔に入れられるもので、通常湾曲した形状とスパイラルのモチーフから成る。マオリのタトゥーは、多くの場合、顔全体をカバーして社会の中で高いランクを示し、力と威信を象徴する。

マオリにとって、タトゥーは通過儀礼であり、このためそれは非常に格式的な慣習である。その慣習は、通常青年期に行なわれ、タトゥーは人の生命を特徴付ける重要なでき事を祝うために絶えず高められる。

マオリ(とその男性の大半)の文化において、タトゥーは非常に敬われ、神聖で不可侵のものと考えられる。

マオリ男性のタトゥーマオリのタトゥーを作成するために使用されていた元来の技術においては、針の使用は含まれず、しかしむしろサメの歯、鋭い骨と歯から作られたナイフやノミを使っていた。ウヒとも呼ばれるノミは、いくつかは鉄から作られるが、通常アホウドリの骨から作られる。ナイフやノミはさまざまな形を持つ。平ら、滑らか、鋸歯状と使用するツールの選択は、入れられるタトゥーの種類による。

マオリのタトゥーを入れるのに使用するインクはまた、一般的にタトゥーに関連付けられているものではない。マオリは、 黒には燃やした木、薄い色を作成するために菌と燃やしたゴムを動物性脂肪を混ぜたものなど色素形成に天然の素材を使用する。木に由来する黒い顔料は、顔のタトゥーに使用され、その他は通常、タトゥーの輪郭やタトゥーのあまり重要でない部分に使われる。顔料はオコと呼ばれる装飾が施された容器に保存され、非常に尊重され、しばしば家宝になる。

マオリのタトゥー、免れない痛み

伝統的なマオリのタトゥーツールマオリ文化では、タトゥーのプロセスを開始する前に、測定して作成するタトゥーを入れるために入れ墨師は人の顔の構造を注意深く調べる。この文化には、絵柄を選ぶためのカタログのようなものはなく、二つと同じタトゥーはない。

本物のマオリのタトゥーを入れたい人は、タトゥーを入れる伝統的手法とは切っても切れない痛みを我慢する心の準備もできていなければならない。最初の手順は、皮膚に深い切り傷をエッチングする。そしてノミを選んだ色素に浸し、カットに使う。別の技法では、入れ墨師は顔料の瓶にメスを沈め、挿入した後、皮膚をハンマーで打つ。

マオリのタトゥーを作るのは、長く、骨の折れるプロセスで、非常に苦痛も伴うので、体の特定の部分のみ同時に行ない、作業続ける前に治癒できるようにする。

マオリのタトゥーにはの2つの主要なデザインがある。一つ目のデザインは、シンプルで、ノーマル、線を黒くすることから成る。二つ目は、プホロと呼ばれ、背景を暗くし、パターンには色素を入れず素肌のままにすることから成る。

タトゥーの神聖な性質のため、顔の刺青のプロセスの最中の人は、しばしば自分の手で食べることができない、性的行為や固体の食べ物を避けるといった厳しい制限の節制を受ける。食料品でタトゥーされている皮膚を汚さないために、タトゥーを受ける人は、すべての傷が治るまで木の漏斗を通して食べ物を与えられる。回復過程を加速させるため、カラカの木の葉から作られる混合物が塗布される。

マオリのタトゥーは、身分証明書のようなものだ。

マオリの顔のタトゥー特定の社会的なランクを持つ人だけ、マオリのタトゥーを入れることを許される。奴隷や社会的地位のないものなどの多くの人々は、顔などへのタトゥーといった特定の種類のものを入れることから省かれる。マオリの顔面タトゥーは、実績、地位、祖先や物的なステータスといった奴隷の手の届かない特性を示す身分証明書のようなものとして機能する。

顔の部位によっても異なった意味や重要性がある。マオリの顔は8つに区別することができる。

  1. ンガカイピキラウ: 額の中心線の両側の2つの三角形部分で構成され、この部分は地位を示し、片側または両側から受継がれたステータスを持つもののために確保される。
  2. ングンガ : 眉毛の上の額の両側の三角形部分で構成される。この部分のタトゥーは、人生に置ける人の位置を示す。
  3. ウイレレ: 鼻の両側から成り、目の端から鼻先へとつながる線と同じである。この部分は、部族を示す。
  4. ウマ: こめかみから顔両側の耳の中心の部分。この部分は、最初あるいは2回目の結婚からなのか、地位の上昇はあるかといった父親あるいは母親の系統の情報を示す。
  5. ラウラウ: 頬から4口のラインを含む鼻の先から両側の2つの部分から構成される。この部分は、その人の特徴を表す。
  6. タイオホウ: 第5区域と頬の中間と顎のラインの部分。この部分は、人の職業を表す。
  7. ワイルア: 下唇から口の外端より下の部分で構成される。この部分は、人の身分証明や同等の地位が与えられているかを表す。
  8. タイトト: 顎の角の部分。この部分は人の 生得権を示す。

祖先は、顔のそれぞれの側に示される。左側は、一般的に父方、右側は母方である。

マオリのタトゥーは、投票の時期に大幅な増加が見受けられるが、理由は明白だが、今日では、タトゥーを入れるためにはるかに近代的な技術が使われる。

幸いなことに、非常に古いタトゥーの伝統を守るためにたたかっている多くの団体がある。

ここに登録されている入れ墨師のマオリタトゥーを味わうことができる。

女性のためのタトゥーのアイデア: 位置。

女性のためのタトゥーのアイデア: 位置。

タトゥーをしている人とデートする8つの理由

タトゥーをしている人とデートする8つの理由

マヤ・アステカタトゥー

マヤ・アステカタトゥー

7つのタイプのトライバルタトゥー

7つのタイプのトライバルタトゥー

タトゥーインク: アレルギー反応はあるか?

タトゥーインク: アレルギー反応はあるか?

トンボタトゥー、アイデア、位置

トンボタトゥー、アイデア、位置

タトゥーで最も痛みの少ない4つの身体部分

タトゥーで最も痛みの少ない4つの身体部分

白インクタトゥー:誇張と長所・短所

白インクタトゥー:誇張と長所・短所

伝統スタイルタトゥー: 歴史と探求

伝統スタイルタトゥー: 歴史と探求