ドラゴンタトゥー、意味と画像

ドラゴンタトゥー

ドラゴンは、最も印象的で刺激的な想像上の動物の一つだ。 その文化的な影響は、特にアジアの国々で強い。 従って、多くの人々がタトゥーのイメージとして選択するのは驚くべきことではない。

ドラゴンの歴史は、古代中国と日本まで遡る。 これらの神話においては、謎と巨大な力と関連して、主に火を吹く空飛ぶ生物として描かれる。 そのような象徴性は、男女問わず身体への装飾としてドラゴンの絵柄を入れることを促す。

ここでは、この動物の象徴性と、ドラゴンタトゥーの種類と構成について述べる。

名前の起源

古代ギリシャの文書において、 drakwn という単語が、よく蛇のような爬虫類を表す。 蛇の一般的な単語は、 ojixであるが、ギリシャ人は、大きなものをおそらく強そうに見えることを意味したdraconatesと呼んだ。

ドラゴンの物語

ドラゴンタトゥーの歴史

ドラゴンについての確認されている最も古い資料は、チグリス・ユーフラテス川の歴史的地域であるメソポタミアに一時期存在していたシュメール文明で触れられている。 シュメール人の記録は、粘土板に刻まれ、アサグドラゴンとニヌルタ神の闘いの物語を伝えている。 このような伝説でも、ドラゴンは宝物を守護し、洪水を押し戻し、知識を伝える。

シュメール人の後にメソポタミアに居住したバビロニア人は、巨大ドラゴンのフンババを征伐するために派遣されたギルガメッシュについての叙事詩を作った。 もう一つのドラゴンは、ズーで天命の書板を盗んだことで最も有名で、これは多くのバリエーションがあるこの物語で明確になった。 その一つでは、ズーが持っていく前に、エンキ神が元々その板の力を保持した。 ニヌルタは、飛行中のその怪物を攻撃し、ドラゴンは、その板をエンキの水域であるアプスへ落とした。

既に触れたように、ドラゴンは、アジア諸国に置いて重要なシンボルの一つである。 例えば、中国では、この生物には雨を操る力があると信じられた。 東洋の祭りにおいて重要な役割を担い、龍舞は宋朝(約960〜1279年)の時代まで遡る古い伝統である。 天朝の住人は、自らを龍の子孫とみなし、皇帝の称号とした。 皇帝のみが、全て金色で、五本指の長い龍のモチーフを使用することができ、一方、四本指のものは一般的に王侯貴族のものだった。 三本指の龍は、下級の者と一般人が使った。

ドラゴンタトゥー

伝統的な中国の龍は、角、爪、鱗で描かれ、飲み込む、あるいは口から出す火の玉もしくは真珠を その龍の真珠は、太陽のシンボルである。 龍の性別を見極めるのはとても単純である。主な印は、尻尾の先である。 先がフワフワの団扇のようであれば雌の龍である。 その他にも、雌の龍は、よりまっすぐな鼻とより曲線美のあるたてがみを持つ。 雄の龍は、先にトゲのある尻尾と角度が急な角で描かれる。

日本では、龍は善悪のどちらももたらせ得る神の力を具体化する。 尊敬を持って龍に接すれば、この動物は驚くほど富に溢れていると考えられているので、その人にとって非常に寛大となり得る。 中国の龍と違い、日本のものは常に三本爪である。 龍のイメージは、仏寺で装飾によく使われる。 ベトナムと韓国のドラゴンの物語は、比較的知られていないが、大部分はドラゴンを水神としてしている。

インドもまた、特に水の世界を魅了し、インドラの神に殺されるまで干ばつを引き起こしたヴリトラについてなど幾つかの美しいドラゴン神話を誕生させた。 ヴリトラは、寒い季節に広まる闇が力であるため、よく冬の具体化として説明される。


ヨーロッパに置いて、ドラゴンは、悪の王として見られる。 しかし、最古の時代からこれら混沌とした動物が、問題や意図的な危害を加えることを引き起こすと考えられたが、人々はそれらに対する不思議な畏敬の念と深い理解を感じた。
聖ジョージについての欧州の物語は、おそらく西洋で最も知られている。 それによると、恐ろしいドラゴンがカッパドキア地方に現れ、破壊しようとした。 恐れた住民は、怪物を鎮めるために毎年女の子を生け贄に 聖ジョージが現れて、ドラゴンと戦ったのは、王の娘が生け贄にされそうになった時だった。 ドラゴンをなだめると、聖ジョージは首にロープを巻くと、王女に渡し、王女はそれに乗って町に帰った。 もう一つのドラゴンは、アングロサクソンの叙事詩ベオウルフに見つけることができた。 第三部で、ベオウルフは、火を吐くドラゴンと戦った。 倒すことに成功したが、英雄が受けた傷は致命傷となった。

ドラゴンタトゥーの位置

ドラゴンタトゥーのデザインを選択する時、イメージのサイズとスタイルに影響するため、体のどこに入れるかよく考えることが重要である。 他にも、選択するドラゴンのポーズがイメージ全体の印象を左右する可能性がある。 例えば、翼を広げ、歯をむき出したドラゴンは、敵対心と力の意図と混ぜ合わさって攻撃的なメッセージを伝えるだろう。

鎖骨ドラゴンタトゥー

鎖骨ドラゴンタトゥー

鎖骨には十分なスペースがあり、必要の際に同時に簡単にカバーできるため、ドラゴンタトゥーに向いている箇所である。 この体の部分には、翼を広げたイメージの選択を推奨するというのは、表面に起伏があるため、より立体的に見える。 しかし、注意しておかなければならないのは、鎖骨は非常に動きやすい箇所であり、デザインは非常によく考慮して、動いている間にバランスがひどく崩れることがないようにしなければならない。

ドラゴンのイメージは、大きなスペースにおいて見栄えが良く、タトゥーアーティストが、この生き物の壮大さと優美を示すより人目を引き、魅力的な細部を含めることを可能にする。 そのため、印象的な絵柄のためのある種、生きたキャンバスである背中はドラゴンタトゥーにおそらく最適だろう。

ほとんどの場合、タトゥーマスターは、非常に小さい範囲だと全体の意図を表現するアーティストの可能性を制限するので、ドラゴンのイメージを足(少なくともその下部)に入れることは避けるよう薦めるが、一方でウエストと肩はより適している。

Dragon Tattoo Color

ドラゴンタトゥーの色

ドラゴンタトゥーで、色は重要な役割を果たす。 デザインのパレットは、構図のシンボル全体を変えることができる。 このタトゥーのモチーフのための最も人気のある色の古典的三色、黒、赤、金があり、それ以外には緑もよく使われる。

ブラックドラゴンタトゥー. 黒色は、実際には色の欠如、絶対的虚空であり、極限の性質に関係する。 したがって、東西両方の伝統において、ブラックドラゴンは、真の悪と破壊的力とみなされるのは驚くべきことではない。 中国では、黒龍同士が空で戦う時に、黒龍が雷雨を引き起こす。 ユング派の見方によると、黒色は影、我々の心理の無意識の側面であると言う。

ブルードラゴンタトゥー

ブルードラゴンタトゥー 全ての国と文化を通じて、青は水と空気の要素(海と空)と関連する。 このタイプのタトゥーは、この動物の攻撃性から離れて、守護と魔力に着目する。 中国における青との関係性には、春の訪れ、繁栄、調和を含む。

レッドドラゴン は、赤色そのものに愛と情熱、血、力の意味があるため、多くの、そして頻繁に矛盾した文化的含意がある。 中国人は、赤色を幸運、富、幸福の意味として信じ、その一方でキリスト教においては、ドラゴンは悪のシンボル、重要な錬金術の印として罪と死と言う二つの意味を担う。 このタイプのデザインは、感情的で活動的な人々と一致するだろう。

 イエロードラゴン のイメージは、東洋でよく幾つかの軍隊内で使用され、よって明らかに現代の文脈においては征服と勝利の意味で解釈できる。 結果として、自らの力と目的意識を示すためにこのイメージを選ぶ。

ドラゴンタトゥーギャラリー

タトゥーのアフターケア

タトゥーのアフターケア

タトゥーの見積もり: タトゥーの価格について知る。

タトゥーの見積もり: タトゥーの価格について知る。

ドラゴンタトゥー、意味と画像

ドラゴンタトゥー、意味と画像

宗教的なタトゥー: 宗教的なタトゥーは入れるべきか?

宗教的なタトゥー: 宗教的なタトゥーは入れるべきか?

蝶タトゥー:デザイン、パターンとその意味

蝶タトゥー:デザイン、パターンとその意味

タトゥーの除去: 情報と助言

タトゥーの除去: 情報と助言

タトゥーマシン: スタートガイド

タトゥーマシン: スタートガイド

オオカミタトゥー、象徴性と意味

オオカミタトゥー、象徴性と意味

顔と首のタトゥーデザイン

顔と首のタトゥーデザイン