テンポラリータトゥー

タトゥーをすることを夢見ていたが、皮膚に針を入れることに抵抗がある?あるいは、単純に職業上タトゥーを入れることができない? 幸いにも、今はテンポラリータトゥーまたはフェイクタトゥーを作ることができる。そして痛みをそれほど伴わないし、本物ほど高くはなく、そして最も重要なのは恒久的でないことだ。

ビーチでテンポラリータトゥーを勧められ、入れてもらっているのを見たことがあるだろう。ヘンナタトゥーとも呼ばれ、たくさんのデザインの中から選ぶことができる。しかし、実際に自分で作ることもできる。子どもの頃、ステッカーのタトゥーを肌に貼ってみたりしたことがあるかもしれないが、今同じことができる。

どのようにテンポラリータトゥーを作ったらいいか、いくつかのアイデアを以下に紹介する。

はじめに

まず最初に、入れたいデザインを考えることである。トライバルアート、ドラゴン、蝶、頭蓋骨、動植物等が可能である。しかしいくつかの要素を考慮しなければならないため、どのデザインを採用したいか決めるのは非常に難しいので、このステップを軽視してはいけない。

例えば、小さな蝶のタトゥーを入れたいが、それをどこに入れたらいいかわかるだろうか。知っていればいいが、 そうでなかったら、蝶は、肩甲骨、首、股間の真下、背中の下部、腰の下部が最も良いという専門家の助言に耳を傾けることだ。但し、各箇所には特定の意味があることを忘れてはならない。


背中に蝶タトゥーを入れるとしたならば、それは自由を意味し、自分は自由奔放であることを示す。 それはある意味で芸術であるため、テンポラリータトゥーを入れることには、かなり真剣に向き合うべきである。自分のパーソナリティーの深部を表現するのを助けるフェイクタトゥーを入れたいのならば、肌に慎重、正確に入れることが重要である。

タトゥーを入れる体の部分を清潔にすることも忘れてはならない。石鹸とイソプロピルアルコール、そして綿ボールを使ってきれいにすることができる。油分がついているとタトゥーの寿命に悪影響を与えかねないので、肌の油分を取り除いておくこと。

ここまででテンポラリータトゥーを実際に入れる前に、どのように準備したらいいか理解できていることだろう。つづいて、体にタトゥーデザインを入れる異なった方法について説明する。

ゲルインキペンを使用してテンポラリータトゥーを作成

ゲルインキペンタトゥー

まず鉛筆を使ってトレーシングペーパーにデザインを描き、その後、暗色系ゲルインキペンを使用して着色できる。プロのように描くことができない人は、着色用のデザインをネットで探してくれば、プリント後にただゲルインキペンで色をつけるだけでよい。

第二段階は、タトゥーデザインで飾りたい体の部分に着色したトレーシングペーパーを置く。そして湿らせた布で、30秒間トレーシングペーパーをしっかりと押し付ける。時間が経ったら、ゆっくりとトレーシングペーパーを外し、インクがうまく肌に移行したか確認する。もしうまくいかなければ、さらに数秒間そのままにして再度確認する。

すべてうまく行ったら、次はペーパーと布を外す。放っておいても大丈夫になるまで、テンポラリータトゥーを乾かす。風呂に入るときには、ひっかいたりブラシでこすったりしないよう気をつける。

マニキュア液の使用

マニキュアタトゥー

この方法は、奇抜に聞こえるかもしれないが、マニキュア液は、強いインクでできており、水で洗い落とさないかぎり、より長い期間肌につけておくことができる。インクとしてのマニキュア液は、トライバルアートタトゥーに向いている。まず、ペン、ハサミ、紙、マニキュア液各色(あるいは選択した色のもの)を準備する。そしてペーパーにタトゥーデザインを描く。後で貼り付け易くするためにデザインを切り抜いても良い。

二色以上使いたい場合、同じ下書きを二枚作成する。そして、使いたい色のデザインの部分の一色のみを切り抜く。二つ目の色についても同じようにして、各色のデザイン専用の型ができる。

最初の型を肌に貼る前に、マニキュア液で色を着ける。次の型へ移る前に、数分間そのままにして乾かす。タトゥーデザインが仕上がるまでこの工程を繰り返す。最後に、マニキュア液が乾くまで、す全部そのままにしておく。

アイライナーの使用

アイライナータトゥー

これはタトゥーアーティストや専門家によると、これまで挙げた方法の中で最も簡単なものと考えられているので、心配しなくてよい。アイライナーのテンポラリータトゥーは、一般的に夜通しのパーティー、舞台演劇のため、あるいは単純にスキンアートに興味がある場合に行なわれる。

これには、以下の材料を準備する必要がある。

  • ヘアスプレー
  • 綿棒
  • アイライナー (デザインに使いたい色)
  • ペーパー

ペーパーにデザインを描き、その後型を作る。タトゥーを入れたい体の部分に型を置き、アイライナーを使ってデザインの縁取りをする。特別なディテールも加えることもできる。デザインの外形が決まれば、アイライナーを使って色付けを始めるが、色を混合するのに綿棒を使うことを忘れてはならない。ヘアスプレーを使ってタトゥーにコーティングを掛ける。これは、汚れからタトゥーを保護するシーラントの役目を果たす。しばらくタトゥーを付けて、取り除きたいときに取り除く。

最後にいくつかの注意点

テンポラリータトゥーは、本物を入れる前の最適な準備のステップである一方、肌につける化学物質の使用から来るアレルギー反応に気をつけておくことである。油性ペン、ゲルインキペン、マニキュア液のような製品は、テンポラリータトゥー作成のために作られたものではないので皮膚のかゆみを引き起こす可能性がある。

このような不運な結果を招かないためにも、低刺激性が証明されており、有毒な科学物資を含んでいない製品を買うことである。もし何か肌に悪影響があれば、すぐに医師に相談することである。


タトゥーで最も痛みの少ない4つの身体部分

タトゥーで最も痛みの少ない4つの身体部分

タトゥーインク: アレルギー反応はあるか?

タトゥーインク: アレルギー反応はあるか?

化粧テクニックでタトゥーを隠す方法

化粧テクニックでタトゥーを隠す方法

タトゥーをしている人とデートする8つの理由

タトゥーをしている人とデートする8つの理由

マオリのタトゥー

マオリのタトゥー

宗教的なタトゥー: 宗教的なタトゥーは入れるべきか?

宗教的なタトゥー: 宗教的なタトゥーは入れるべきか?

マヤ・アステカタトゥー

マヤ・アステカタトゥー

コイタトゥーと象徴性

コイタトゥーと象徴性

7つのタイプのトライバルタトゥー

7つのタイプのトライバルタトゥー