2012年1月に実施された調査で、タトゥーをしている8人に1人が後で除去を選んでいることが分かった。

タトゥー除去

タトゥーを除去したいと思う理由は次のとおり。

  • タトゥーを入れたときあまりにも若かった
  • タトゥーの永続性のアイデアが好きだった
  • タトゥーのせいで社会や仕事関係で問題を引き起こす
  • 自分のタトゥーが好きではない
  • 自分のタトゥーが時代遅れになり、自分のイメージと合わなくなった
  • 自分のタトゥーが年齢と合わない
  • タトゥーのインクで副作用を起こした
  • 自分のタトゥーでスペルの間違いがあった
  • タトゥーが元パートナーの名前である。

何人かの皮膚外科医は、完全なタトゥーの除去は不可能であると言うだろう。タトゥーは永久的であることを目的とし、従って完全に除去するのは簡単ではないが、有効であることが証明された不要なタトゥー を除去するいくつかの方法がある。

タトゥー除去の成功と除去の後に残る可能性のある色は、タトゥーのサイズや場所、個人の治癒能力、タトゥーを入れていた期間、それがどのように入れられたか、どのくらい均一にインクが注入されたかなどのいくつかの要因がある。

最も簡単な方法: カバー

カバータトゥータトゥーを取り除く簡単な方法の1つは別のタトゥーでそれを隠すことである。この方法は、元のタトゥーのすべての痕跡を完全に削除することができる一方、カバーする作品がしばしばオリジナルのデザインよりも暗くなり、一般的に元のタトゥーより大きく、元のイメージを見えなくするためにより暗い色のインクを使用しなければならない。

カバーされるタトゥーが既に非常に暗く、強い輪郭があれば、場合によっては新しいタトゥーでうまくカバーできるように、レーザー処置で元のタトゥーを薄くする必要がある。

長年にわたるタトゥー除去技術

タトゥー除去の方法は長年かけて変わっている。以前はタトゥーは永久的であると考えられていたが、今日では除去する、あるいは少なくとも部分的に不要なタトゥーを除去する複数の方法がある。

レーザー処置が現れる前に多くの皮膚剥離方法が試みられた。この方法は、皮膚の表層を剥ぐトリクロロ酸の使用を含み、インクが存在するタトゥーの最も深い部分へアクセスできるようにする。皮膚が手術で皮膚を修復する前に、研磨材として塩、サンドペーパー、ワイヤーブラシまたはダイヤモンド砥石を使用してインクを除去する。タトゥーが非常に大きければ、タトゥーを除去した箇所をカバーする皮膚移植が必要となる場合もある。

皮膚剥離は、通常皮膚科医あるいは整形外科医によって専門の医療機関で行なわれる。このタトゥーの除去法は、レーザーが出て来る前に非常に普及していた。皮膚剥離は、侵襲的なやり方で、通常局所麻酔の使用が必要だ。このやり方は、表皮の表面と深い層、さらに真皮網状層までの除去を含むので、このやり方では常に出血を伴う。皮膚剥離は、瘢痕、皮膚変色、感染症、顔面ヘルペス (口唇ヘルペス) の再活性化の危険性がある。

剥ぐ処置においては、血液が飛び散るのを圧力によってのみ制御できる。このやり方の後、皮膚は非常に赤く生のように見え、皮膚が癒えるのに最大10日かかることもある。タトゥーの除去に加えて、このやり方は、にきびや他の皮膚の欠陥のためにも使用される。皮膚剥離は、常にタトゥーのすべての跡を完全に取り除くわけではなく、と体のより骨張った部分の小さな箇所のタトゥーを除くのにより効果的である。

レーザータトゥー除去: Qスイッチレーザー


タトゥーへの短パルスレーザーの効果の実験的観測は、1960年代後半に初めて報告された。1978年、二酸化炭素が使用されたが効果は限定的で、傷痕が残ることで知られていた。1979年にアルゴンレーザーが、28人の患者に使用されたが、再度効果は限定的だった。

1980年代初期に、Qスイッチレーザーがグラスゴーのデルマレース・リミテッドから出された。タトゥーは、皮膚に入れられた何千ものタトゥー顔料の粒子で構成される。 皮膚は、通常の回復過程によって、皮膚から異物を取除くが、この自然な方法では余りにも大きいのでタトゥーの粒子を取除くことはない。レーザー処置は、この粒子をより小さな断片に裁断し、体が自然な方法によってそれらを取除くことを可能にする。

異なるタトゥー顔料には、異なる光吸収スペクトルがある。タトゥーの除去で使用されるレーザーは、効果的な処置を提供するためには、特定のタトゥーの顔料の吸収スペクトルのために十分なエネルギーを放出する必要がある。黄色、緑と蛍光インクは、レーザーの発光スペクトル外となる吸収スペクトルのために、より濃い黒や青よりも除去しにくい

Qスイッチは、短く、高エネルギーパルスのレーザーを指すレーザーのクラスでは、最新のシステムで、特に赤、青、黒のインクの除去で進歩したQスイッチルビー、Qスイッチアレキサンドライトと、QスイッチND Yag。

レーザータトゥー除去では、いくつかの処置が必要になる。国立衛生研究所によると、新しいQスイッチレーザーは、局所麻酔と組み合わせて使用すると、皮膚にほとんど傷跡を残さないが、薄い皮膚の部分は厚い層よりも傷痕になりやすい。 2006年以降に開発されたレーザーは、以前のバージョンのQレーザーよりも広範なタトゥー顔料を除去することができる。

タトゥー除去レーザーQスイッチレーザー除去時に使用される鎮痛には、中級の冷却材と局所麻酔薬によるその箇所の冷却が含まれる。処置の間にレーザ光線は皮膚を傷つけずに通過し、その中の液体状態にあるインクのみをターゲットにする。すぐに結果が現れるが、治療の間の7~8週間かけてタトゥーが徐々に退色するのがより一般的である

レーザー処置は、インクが壊れやすいので、より小さく、より古いタトゥーで非常に有効である。患者は、少なくとも1ヶ月間に5〜12回の処置を求められる。全プロセスは、通常6か月から1年かかる。

レーザーの手順は、痛みを伴うプロセスで、しばしばホットベーコン脂肪を繰り返しかけられたり、輪ゴムではじかれるような感じと説明される。それぞれの治療後の皮膚は、治りかけのやけどのように見える。患者は、処置の後、やけどのように影響を受けた箇所を扱い、抗生物質クリームを塗り、その箇所をカバーしておく。それをカバーして処置した箇所に日光が当たらないようにするか、サンスクリーンを使用するのは極めて重要だ。また処置によってできたかさぶたを剥がさないことも非常に重要で、剥がすと傷痕になる。かさぶただけでなく、この処置は、かゆみを伴う発疹ができることもある。

タトゥー除去費用


One thing you must consider タトゥー除去を決める前に、考慮する必要があるのは、タトゥーを入れるよりも除去するにはさらに費用がかかるということだ。この手順には、タトゥーのサイズと必要な通所回数に応じて数百ドルから数千ドルかかる

美容あるいは化粧として考慮されるので、一般的にタトゥー除去に医療保険はきかない。事故や傷害に起因する外傷性タトゥーは、別である。

タトゥー除去クリーム

市販されているタトゥー除去クリームがいくつかあるが、それらに効果があるという証拠はない. 。うまくいけばクリームでタトゥーが薄くなるかもしれないが、まだ目に見え、この方法では、皮膚のかぶれや他の副作用がある可能性がある。

他の厄介な結果

まめ

大きく、痛みを伴うまめは、レーザータトゥー除去の後に起こることがある。それは、火傷の治療と同じように処置されるべきである。

ケロイド

ケロイドは、レーザー処置の典型的な副作用の大きくて、不規則な形の傷である。一部の人々は、この種の傷に対して遺伝性がある。ひどい場合には、それを平らにするために傷へステロイドを注入したり、表面的な放射線療法も有効である。

退色

良質のタトゥーは、除去が非常に難しく、時々それを完全に取除くことは不可能である。しかしレーザー療法は、完全に除去できない場合でも、タトゥーを退色させてより見えにくくさせる。

白い斑紋

タトゥーが除去された肌に白い斑紋ができるのは普通だ。これは一般的に時間が経てば治るが、いくつかの箇所では永久に白く残る。

皮膚の変色

白い斑紋とタトゥーの退色の他に非常に一般的な副作用は、皮膚の変色だ。このような場合、インクカラーレーザーが、肌のメラニンに作用して、処置された箇所を変色させる。

伝染性の酸

レーザー除去に加えて、インクへ酸の溶剤を使うやり方もあるが、感染や痂皮形成を発する危険性がある。

タトゥーのアフターケア

タトゥーのアフターケア

タトゥーの見積もり: タトゥーの価格について知る。

タトゥーの見積もり: タトゥーの価格について知る。

7つのタイプのトライバルタトゥー

7つのタイプのトライバルタトゥー

女性のためのタトゥーのアイデア: 位置。

女性のためのタトゥーのアイデア: 位置。

男性と女性のための小さなタトゥーデザインのアイデア

男性と女性のための小さなタトゥーデザインのアイデア

日本のタトゥー: 入れ墨の歴史、意味とギャラリー。

日本のタトゥー: 入れ墨の歴史、意味とギャラリー。

白インクタトゥー:誇張と長所・短所

白インクタトゥー:誇張と長所・短所

男女のためのスリーブタトゥー

男女のためのスリーブタトゥー

天使タトゥーの象徴性、種類、ヒント。

天使タトゥーの象徴性、種類、ヒント。