タトゥーインク: アレルギー反応はあるか?

タトゥーインクアレルギー

タトゥーインクは危ないか。

タトゥーを入れる場合、インクが肌の真皮に注入され、以後ずっとそこに残る。このような理由から、タトゥー用の高品質インクの使用は不可欠だ。 専門インクは、錆、金属塩、プラスチックなど鉄酸化物から作られているかもしれない。手製または伝統のインクは、ペンのインク、土また血から作られているかもしれない。

タトゥーインクへのアレルギー反応を持っているほとんどの人は、赤と黄色のタトゥーインクによって引き起こされるが、これは人口の0.5%にのみ現れる。 つまり、赤インクの場合には、すべての赤タトゥーインクが同様であるわけではなく、歴史的に問題は自身の色を混合している入れ墨師から起こっている。 ほとんどの専門のタトゥーの芸術家が、分散インクとして知られる既製インクを購入する一方、一部は乾燥した顔料とキャリアを使用して混合することを好む。 より金属内容物含有率の高いインクは、皮膚への使用には適していないかもしれない。 いくつかのアレルギーの例では、問題を起こすインクと混合される顔料の量である。 いくつかのタトゥーインクは水銀を含んでいたが、それらの種類のインクの使用は近年急激に低下している。 反応を引き起こす要素のいくつかはニッケル、カドミウムとクロムである。 カドミウム、クロム、ジュエリーはニッケルを含んでおり、それに対する反応を経験していれば、それを含んでいるインクに反応する可能性がある。

タトゥーインクへのアレルギーの主な症状は、肌のかゆみ、赤みと少しの腫れだが、全体的に症状は数日で消える。症状が続くあるいは、にじみ出たり、出血し始めれば、医師の助けを求めるべきで、入れ墨師は医者ではない

他の種類のアレルギーがあるか?

タトゥーアレルギーインクアレルギーを持っているほとんどの人は、食品や衣料品など他の着色剤にもアレルギーがある。他の種類の着色剤に対する皮膚アレルギーがある場合、どのように反応するかを見るためパッチテストを入れ墨師に依頼することは非常に良いことだが、ただし、これらのテストは常に決定的であるわけではない。だいたいがすぐに反応を得る一方で、一部の人は、1ヶ月後に赤みや発疹が出たり、また別の人は最長で2年、赤みや発疹、炎症がないかもしれない。これが、皮膚パッチテストが常に正確というわけではない理由の1つだ。

遅くても1年後以内に反応がある人は、症状は通常かゆみやふくれで、時々それは天候が影響し、暑さがはれを引き起こし、もし暑い天気でタトゥーが非常にかゆく感じることがあれば、インクアレルギーのせいかもしれない

タトゥーを入れた後それほど日が経たないうちにこの症状が出るなら、症状を和らげる抗生物質軟膏、またはヒドロコルチゾン、そしてかゆみ止めクリーム、冷湿布が助けとなるだろう。症状が一週間ほどで治まらない場合、ステロイド系のものを処方する皮膚科医に相談することを勧める

初めてのタトゥーを入れる前に知っておくべきこと

はじめてタトゥーを入れる場合にアレルギーについて心配なら、タトゥーを入れる前にすることができるステップがある。

大切な日の前に入れ墨師に会うこと。

入れ墨師に会いに行くとき、インクを構成する要素のリストを頼む。もしその情報を持ち合わせていなければ、インクの名前と色、製造業者名を教えてもらう。アレルギー反応を引き起こすことで知られている要素をそのインクが含んでいるか調べることができ、それがあれば別の色を頼む

パッチテストをする。

タトゥーを入れる少なくとも24時間前にパッチテストを入れ墨師にしてもらう。タトゥーのときに使用されるインクで構成されるパッチテストは、タトゥーする予定の箇所の近くの素肌にパッチを貼る。赤み、炎症や腫れなどインクへの反応があれば、別のタイプのインクを選択すると良い。

最終テストをする。

タトゥーを入れる24時間前に、小さなドットタトゥーを入れて、肌のアレルギー反応を見る。赤み、ヒリヒリ感、または腫れは、タトゥーインクにアレルギーがあることを意味する。

タトゥーインクテスト。

タトゥーインクアレルギー

ドイツ、レーゲンスブルク大学カリン・レーナーと彼のスタッフは、接触皮膚炎のジャーナルに掲載されることとなった研究を行なった。研究は、入れ墨師に市販されている14の黒い顔料の化学化合物の小さな痕跡でさえも検出することができる非常に感度の高い実験方法で行われた。 混合物は主に、石炭とすすから成り、ブラックマジックディアブロジェネシスといった色の名前がある。それらのテストの結果は、安心できるものではなく、実際、いくつかのインクは皮膚、細胞とDNAに損傷を与えるのに加え、またがんになる危険をがあることが発見された。


ヨーロッパと同じ厳しい指針の対象ではない日本のブランドでこれらのテストのいくつはなされた。トリノの大学病院で皮膚科学と性病学が専門ポール・ブロガネリ博士は、テストは有害物質の最高濃度を持っている、黒のインクのみで実施され、黒インクの使用は、7%の事例でのみ反応を引き起こし、タトゥーをしている人の間で皮膚癌のより高い率にであることは証明されていないとコメントした。ポール・ブロガネリ博士の言葉は、安心感を与えるが、タトゥーアーティストの使用するインクを知ることは良いことである。

グローインザダークとブラックライトインクについての追記。

グローインザダークとブラックライトの両インクは、タトゥーに使用されている。グローインザダークは光を保持し、暗闇で光るの燐光を使用する。ブラックライトは暗闇で光らないが、紫外線に反応し、蛍光発光によって光る。人間の皮膚にこのようなインクを使用することの安全性は、タトゥーコミュニティの間で広く議論されている。

宗教的なタトゥー: 宗教的なタトゥーは入れるべきか?

宗教的なタトゥー: 宗教的なタトゥーは入れるべきか?

カバータトゥー: 特徴とデザインアイデア

カバータトゥー: 特徴とデザインアイデア

人気のカップルタトゥーデザインのアイデア

人気のカップルタトゥーデザインのアイデア

初めてのタトゥー: あなたが知る必要がある14の事

初めてのタトゥー: あなたが知る必要がある14の事

天使タトゥーの象徴性、種類、ヒント。

天使タトゥーの象徴性、種類、ヒント。

タトゥーの除去: 情報と助言

タトゥーの除去: 情報と助言

タトゥーのフォント: 完全なタトゥーのレタリングを見つける方法。

タトゥーのフォント: 完全なタトゥーのレタリングを見つける方法。

マオリのタトゥー

マオリのタトゥー

化粧テクニックでタトゥーを隠す方法

化粧テクニックでタトゥーを隠す方法