タトゥーのアフターケア

新しいタトゥーのケアは、適切な入れ墨師や正しいデザインの選択と同じくらい重要である。評判の良い入れ墨師は、タトゥーのケアをする方法について詳細な手順を教えてくれるので、それら証明済みの指示に十分注意を払って従うべきである。

入れ墨師の指示に従う

タトゥー用包帯タトゥー後のケアは、少し保証を持つようなものだ。タトゥー後のケアの指示に従わなければ、後に必要となっても入れ墨師は、無料で修正をする気になりにくいかもしれない

入れ墨師は、あなたが望んでいるような形に完璧にタトゥーを仕上げたいとするだろう。それはあなたのタトゥーかもしれないが、アーティストの作品であり、できる限り見栄えが良くなければ、評判にも関わってくる。

タトゥーのアフターケア: 一般ルール

タトゥークリーム各入れ墨師では、どのようにタトゥーをケアするか若干異なるアドバイスをくれるが、ほとんどの入れ墨師が同意するいくつかの一般的な経験則がある。
タトゥーが終わると、入れ墨師はその箇所をきれいにし、抗菌クリームを塗る。タトゥーを入れてから24時間は、入れ墨師が巻く包帯を外さないことが賢明である。タトゥーを覗きたい、友人や家族に新しい作品を見せたい衝動は抑えなければならない。包帯は、あなたの壊れた皮膚と大気中の細菌の間の障壁となる。2時間が、新しいタトゥーをカバーしておかなければならない最低限である。

最適な包帯は、タトゥーが呼吸できる非粘着性包帯であるが、細菌やぶつかったり引っ掻いたりすることから保護するのに十分な厚みがなければならない。腹部創傷包帯は、非常に吸収性がよく、最大24時間つけておくことができるのでよい選択である。

タトゥーのプラスチックラップ何人かの入れ墨師は、肌に付着することなく取り外すことができるので新しいタトゥーにプラスチックのラップを使用することを好む。 プラスチックラップは、細菌が皮膚へ付着するのを妨げる。プラスチックラップの難点は、治癒のための酸素が皮膚に当たらず、この方法では皮膚にいる細菌を密封してしまうことである。プラスチックラップは、その部分を癒し細菌の繁殖を促す傾向がありもしこの方法を使うなら、包帯を使った方法よりもより頻繁に包帯を変え、その部分を清潔にする必要がある。

プラスチックラップは、最大2時間ではずされなければならず、包帯は最低2時間、最大で24時間つけておかなければならない。入れ墨師が推薦する新しいタトゥーをカバーしておく長さは、サイズ、位置と個々の浸透レベルに左右される。包帯を取り外すとき、皮膚にはり付くのを防ぐために外す前に温水でそこを浸すのが良い

包帯を取り外したら、生あたたかい湯とマイルド抗菌石鹸で洗浄できる。やさしくタトゥーをこすって血液や漏れたインクを取り除き、これによって未熟なままでタトゥーをひっかくのを防ぐ。タトゥーを洗うのに、細菌がいるので洗浄用の布やスポンジを使用してはいけない。特に水圧が強いときは、これによってタトゥーが傷つく可能性があるので蛇口の水が直接皮膚に当たらないようにする。その代わりに流水の下に手を置いて、タトゥーにかける。

トイレットペーパーのタトゥーのアフターケアタトゥーを洗浄したら、やさしくペーパータオルで軽くたたいて乾燥させることができる。タトゥーに付着するようなもろいティッシュやトイレットペーパーは使わず、その場合は空気乾燥させる。タトゥーが完全に乾燥したら、張りを感じ始めるので、バシトラシンのような軟膏を塗る。皮膚に吸収されるまで、非常にやさしくクリームを塗り込む。クリームを控え目に使用しないと、プラスチックラップと同様に細菌を閉じ込めて、その繁殖を促してしまう。新しいタトゥーにはワセリンを使用してはいけない。それは、強すぎるので細菌を閉じ込め、皮膚呼吸を阻害するという意味ではプラスチックラップと同じ結果になる。一日に3〜6回、タトゥーを洗浄し、クリームを塗るべきである。治癒過程が完了するまで抗菌のものを使用し続ける。タトゥーが、手や足にされている場合、その部分はより多くの細菌にさらされているので、一日にタトゥーをきれいにする回数を増やしてもよい。

ほとんどのタトゥーは、2~4週間で完全に治るだろう。 その間、皮が剥がれ落ちたり、むけたりすることが予測される。曇ったようなあるいは白い斑点がタトゥーに現われたら、それらを除けたい衝動に駆られてはいけない。取り除いたり、タトゥーを掻いたりする衝動に駆られてはいけない。かさぶたを除けるとタトゥーに白い斑点が残ってしまう。

タトゥーをしている箇所には、ぴったりした衣服を着るのを避ける。衣服がタトゥーにひっついて、タトゥーから漏れたインクが衣服を台無しにする可能性がある。

タトゥーアフターケア中は水泳禁止タトゥーが完全に治癒するまで、長い時間お風呂に浸かったり、プールや海で泳ぐのは避けるべきである。 タトゥーが大量の水にさらされると皮膚からインクが出てしまい、第二にプールの水や海は化学物質や細菌を含む可能性があり、タトゥーには両方とも有害である。湿気によって皮膚から色が抜けてしまう可能性があるので、蒸し風呂やサウナも避けるべきである。

少なくとも4週間、タトゥーへの直射日光を避けるのがベストで、その後は退色を防ぐために最低SPF30の日焼け止めを常に使用するべきである。

関節に近いところにタトゥーあがあったり、大きな表面積を占める大きなタトゥーがあれば、激しい運動によって皮膚に裂け目ができる可能性があるので、それは避けた方がよいかもしれない。もし接触を伴うスポーツをしていれば、チームメイトに体のどの部分は避けるべきかしっかりと知らせておくことが得策である。

スカルタトゥー: スタイルとギャラリー

スカルタトゥー: スタイルとギャラリー

マオリのタトゥー

マオリのタトゥー

初めてのタトゥー: あなたが知る必要がある14の事

初めてのタトゥー: あなたが知る必要がある14の事

男性と女性のための小さなタトゥーデザインのアイデア

男性と女性のための小さなタトゥーデザインのアイデア

人気のプリズンタトゥーデザインと意味

人気のプリズンタトゥーデザインと意味

人気のカップルタトゥーデザインのアイデア

人気のカップルタトゥーデザインのアイデア

蝶タトゥー:デザイン、パターンとその意味

蝶タトゥー:デザイン、パターンとその意味

7つのタイプのトライバルタトゥー

7つのタイプのトライバルタトゥー

女性のためのタトゥーのアイデア: 位置。

女性のためのタトゥーのアイデア: 位置。